Tuesday, July 29, 2008

Apple July 2008 Summary

今月注目のニュースはやはり、「iPhone3G」の登場であろう。
3Gモデルの前身となる「iPhone」が発売されて約1年が経つが、以前よりメディアやユーザーから
期待と噂が絶えなかった「iPhone3G」。
前モデルの「iPhone」との見た目はさほど変わらないものとなったが、新機能やサービスは充実したようだ。
まず、新たに3GサポートやGPS機能が追加された。
また、「iPhone」用アプリケーションが、ダウンロードできる「App Store」サービスが利用可能となった。
そして、なんといっても注目したいのは価格の引き下げであろう。
8GBモデルが199ドル(約21,000円)、16GBモデルが299ドル(約32,000円)と、従来よりも
200ドル(約21,000円)安価となった。
7月11日から世界22カ国で販売を開始し、年内には70カ国以上で利用できるようになるとしている。
さらに「iPhone3G」で利用できる新しいインターネットサービスの「MobileMe」が発表された。
このサービスは、「.Mac」を新しく改良したもので、オンラインサーバーを通じてプッシュメール、
アドレス情報、カレンダー管理などを各デバイスと簡単に同期できるものである。

またその他機能も充実しており、年額99ドル(約10,500円)から利用できる。
そして19日、「iTunes Store」における販売楽曲数が50億曲を突破したと発表した。
「iTunes」は米国において音楽小売業トップを誇っており、今年1月からは「iTunes store」から映画を
レンタルし、「iTunes」で再生するオンライン動画レンタル配信サービス「iTunes Movie Rentals」も開始している。
映画はHD動画も含め2,000タイトル以上を提供、レンタルを含めた販売本数は1日あたり5万本を越えるという。
Mac、音楽、iPhoneに力を入れているApple。
今後もスマートフォン市場、音楽小売市場ともにトップを目指し、世界各国へのよりいっそうのサービス拡大の動きに期待したい。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home

販売元:米国法人トレジャーネット株式会社(Treasure Net, Inc.)日本支店
Copyright (c) 2007 Treasure Net, Inc. All Rights Reserved.