Monday, September 29, 2008

Google September 2008 Summary

2008年8月の動向は、クローズドベータ版としてテストされていた、無料の広告管理サービス
「Ad Manager」が、日本語を含む32言語に対応し一般にリリースされた。
利用する為には、Adsenseのアカウントを取得する必要があるが、Adwords以外のアドネットワークや
自社メディアの広告枠も扱える。

他のサービスのリリース関係で目に付いたのは、ユーザーの位置情報を取得する
無料API「Gears Geolocation API」がリリースされた。
これはPCと モバイルでのWEBそれぞれに対応しており、PCはIPアドレス、携帯電話端末は、最寄基地局から現在位置を取得する。
すでに2社のサードパーティーから、このAPIを利用したサービスがリリースされている。

Youtubeの機能拡充に関連する話題として、ネット動画編集サービス「Omnisio」を買収すると
発表した。
「Omnisio」はYoutubeやGoogle Videoなどにアップされているネット動画を複数合わせて
マッシュアップした動画の作成や、ネット動画にコメントを入れる事ができる。
これらの機能をYoutubeに反映する方針としている。

Android関連の話題では、Android端末向けにアプリケーションなどのデジタルコンテンツを
販売する「Android Market」を現在計画中と発表された。
これはAppleのApp Storeのようなものと予想されるが、Youtubeのようなフィードバックや
レーティングシステムも提供されるようだ。

その他の注目された話題としては、テレビ放送用に割り当てられているが現在利用されていない
無線帯域「ホワイト スペース」を無線ブロードバンドアクセスに利用できるよう働きかける
キャンペーンサイトを公開した。
以前Googleは700MHzの無線周波数帯ライセンスを取得すると見られていたが、結局は落札できなかった。
今回の動きからすると通信事業に参入する意思はまだあるようだ。

また他にはGoogleの慈善事業部門「Google.org」が石炭燃料に代わる安価でいて、再生可能な
エネルギーへの投資の一環として強化地熱システムに投資すると発表した。
この地熱システムは、従来一部の地域でしか行う事のできなかった地熱発電を世界中のほぼ
何処でも行う事ができるようになる。
近年、社会変革の担い手として社会事業家や社会的企業というワードが日本でも注目を浴びているが、Googleは、営利企業としての一面と社会的企業としての一面を併せ持っている。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home

販売元:米国法人トレジャーネット株式会社(Treasure Net, Inc.)日本支店
Copyright (c) 2007 Treasure Net, Inc. All Rights Reserved.