Friday, August 29, 2008

Microsoft August 2008 Summary

幕を閉じたと思われたMicrosoftのYahoo!買収提案は、今月に入り引き続き行われたようである。
7月12日、Yahoo!はMicrosoftと投資家Carl Icahn氏の新たな共同提携案を拒否したと発表した。
その提携案とは、MicrosoftがYahoo!の検索事業を買収し、その他の事業をIcahn氏が買収するというもので、条件として 現在の取締役会役員をIcahn氏が新たに指名するという内容であった。
Yahoo!はこの提携案に対して、24時間以内に受諾または拒否の回答をすることが求められていたが、これを即座に拒否した。
またYahoo!は、この提案を拒否するにあたり、Microsoftに同社買収を1株33ドル(約3,500円)以上で売却する意向を示し、検索事業のみの取引についても交渉する提案をしたが、Microsoftはいずれの提案も拒否したという。
8月頭には株主総会が行われるが、この時点でYahoo!のRoy J. Bostock会長は投票を楽しみにしていると述べている。
Yahoo!買収提案は失敗に終わったものの、今月はほか企業の買収が多く見られた。

7月頭には自然言語検索技術を開発する「Powerset」の買収を発表、Live Searchの事業拡充を図りたい考えだ。

また、14日にはデータ品質管理ソフトウェア・ベンダーの「Zoomix」の買収を発表し、続いて24日、
データウェアハウス(DWH)アプライアンスを手がける「DATAllegro」の買収を発表した。
今回の買収もGoogleへの対抗策の一環とされているようである。

7月17日、第4四半期決算(2008年4月-6月期)を発表した。
売上高は158億4,000万ドル(約1兆6,790億4千万円)で前年同期比18%の増加、
純利益は42億9,700万ドル(約4,554億8千万円)で42%増加した。
営業利益は同42%増の56億8000万 ドル(約6,020億8千万円) 。
今回の利益増加は、2007年度第4四半期に家庭用ゲーム機「Xbox 360」の不具合対応費用として
11億ドル(約1,166億円)を計上しており、この影響を受けたとされ、「Windows Vista」やサーバーソフトウエアなどの販売やリリースも影響したとしている。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home

販売元:米国法人トレジャーネット株式会社(Treasure Net, Inc.)日本支店
Copyright (c) 2007 Treasure Net, Inc. All Rights Reserved.