Tuesday, July 29, 2008

Yahoo! July 2008 Summary

6月のYahoo動向はMicrosoft合併の破談の話題が 大きかった。
破談という形になったがやっと決着したようだ。
別のYahoo関連の話題として先ずは、Yahooの重役が数々辞めるという発表が続けて報道された。
一気に何人ものポジションが開き、Yahooは組織の再編を行うと6月26日に発表した。
しかし、この組織再編は前から計画していたことだと述べている。

他にも、Googleとの広告プログラム提携の契約を結んだと12日に発表された。
Googleの広告をYahooの検索結果に表示するオプションが増えたのでYahooの広告利益が一段と向上することが予想される。
そして排他的な契約ではない為、自社の広告や他社の広告も検索結果に表示することも可能で
Yahooにとっては有利な契約となる。

Yahooのサービスでも強く支持されているYahoo! Mailに関する動きでは、19日にメールアカウントの
ドメインを2つ追加すると発表した。
追加されたドメインは「ymail.com」と「rocketmail.com」。
「yahoo.com」ドメインのメールアドレスのみの場合、新しくアカウントをつくるユーザーが、希望する
ユーザー名が無いケースが多いことからドメイン追加になった。
「ymail」は覚え易さと、既にモバイル版メールアプリケーションに使用されているので追加された。「rocketmail」はYahooが1997年に買収したサービスのもので、レトロなイメージを売りに追加された
ドメインである。

最後に、Yahooの検索エンジンがフラッシュ技術で作成されたファイルをインデックスすると6月31日に 発表した。
ダイナミックなコンテンツをストリーミングして表示するフラッシュファイルはインデックスしづらかった。
しかし今回、フラッシュ開発のAdobe社と協力してファイルをフラッシュプレイヤーで作動してコンテンツのインデックスを可能にすると述べている。
これでフラッシュを基盤にしているサイトやフラッシュナビゲーションがあるサイト、広告やゲームの
内容を検索結果に表示できるようになる。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home

販売元:米国法人トレジャーネット株式会社(Treasure Net, Inc.)日本支店
Copyright (c) 2007 Treasure Net, Inc. All Rights Reserved.