Tuesday, January 27, 2009

Microsoft December 2008 Summary

今月のMicrosoftは、正式版リリースや新サービスの提供開始が目立つ月であった。
5日、スタートアップや起業家を支援する新プログラム「Microsoft BizSpark」を発表した。
「BizSpark」は、ウェブサービス開発に必要なツールやサーバ製品、テクニカルサポートなどを無償提供するもので、利用は3年間無料となっている。
対象となる企業は、設立3年以内、売上高100万ドル以内の非上場企業でソフトウェアベースの製品やサービスを構築していることを条件としている。

先月「Windows Azure」が発表されたが、アプリケーションを含むシステムをネットワーク経由で提供するSaaSビジネスへの注目度が高まっている中、「BizSpark」はまさにこれからの旬なプログラムサービスといえるだろう。

10日、Webブラウザ用プラグイン「Silverlight 2」を「Visual Studio 2008」上で開発するためのアドオン「Microsoft Silverlight Tools」をリリースした。
アドオンは同社サイトより、無料でダウンロードできる。

13日、Windowsゲーム向けオンラインサービス「Games for Windows - LIVE」のアップデート版を発表した。「Games for Windows - LIVE」は、マッチングサービスや音声・チャットによるコミュニティ機能などで楽しむオンラインサービス。
今回のアップデートではディスプレイの改善のほか、ゲームタイトルや関連コンテンツなどがデジタル配信
される。

17日、企業向けオンラインサービス「Microsoft Online Services」のスイート製品「Exchange Online」と「SharePoint Online」を、2007年10月より、β版として提供されていたが、このたび米国において正式に 提供を開始すると発表した。
「Exchange Online」はメッセージング機能、「SharePoint Online」はポータル機能を提供するもので、米国以外では2009年より提供を開始すると予定している。

Labels:

Apple December 2008 Summary

10月の「2008年第4四半期業績発表」において経済の下降局面をものともしない好調業績を報告してより、
ここから先のAppleの動向が注目されていたが、優良企業とはいえやはり昨今の世界的な金融危機の影響を
免れることは難しいようだ。
というのも、FRB Research社のアナリスト Craig Berger氏が11月3日に発表した調査リポートによると、「iPhoneの生産量は前期比40%ほど減少する可能性が出てきた」としている。
もしiPhoneの生産計画が下方修正されれば、同製品の各パーツを供給している多くのICメーカーにも及ぶこととなり、関係各社の懸念は広がっていると言わざるを得ない。
その一方で、スマートフォンのビジネス顧客満足度調査において、首位を獲得している。
使用者の高い満足度を獲得しながらも在庫調整を余儀なくされている経済状況を踏まえ、今後どう動くかますます注目が集まる だろう。

「iPhone」関連の新規ユーザ向け情報が先攻しているが、既存ユーザ向け情報として「iTune 8.0.2」も
見逃せない。
より安定した品質性能に加え、視覚障害者や学習障害者に方によるMac操作を可能にするための
英語音声インターフェイス「VoiceOver」を利用したユーザ補助機能の改良が行われた。

また、クリスマス商戦に注目されるのが「iPhone 3G Gift Card」の発売だ。
このカードではiPhon以外のApple Store内の製品も購入可能(米国Apple Storeのみ利用可能)。

Labels:

Yahoo! December 2008 Summary

今月のYahooの動向は、検索サービスに力を注力していることが明らかに現れている。
先ずは携帯関連の動向で、「Yahoo! OneSearch」検索エンジンが携帯電話会社T-Mobileの携帯端末に
組み込まれることが11月19日に発表された。

オンライン検索サービスではGoogleのサービスに負けているが、モバイル検索市場でも同じことを防ぐために、多くの携帯電話サービスと提携してYahooのサービスをデフォルトの検索エンジンに使用させるのが目的と思われる。

そしてオンライン検索の動向では、「Yahoo! Glue」検索結果機能を同11月19日にベータ公開した。
「Yahoo! Glue」は、検索したサイトのコンテンツを集約して、ひとつのページに様々なサイトの検索の結果をつなぎ合わせて表示する機能である。
インドで好評のサービスを、今度はアメリカ公開を開始したのである。

最後に、11月26日に、Yahooの検索サービス開発アプリケーション「Build Your Own Search Service (BOSS)」に垂直検索機能が追加したと発表された。

「VerticalLens」技術と称されるこの垂直検索機能は、パートナー企業に特定の分野の中だけの検索の開発を可能にした。
この技術を用いて、ユーザーの検索体験を効率良くする事を目指している。
このサービスを使用できるパートナーは現在限られているが、いずれはBOSSのAPIを通じた利用を広めることを計画している。
他に、Yahooの会社全体の動向を表す発表に、CEOのJerry Yang氏の退任が11月17日に発表された。
Microsoftの買収話をこじらせたことや、株の低下、そして取締役会員の不満が原因だと言える。
退任は後任者を探し出し次第行い、CEOを辞めて元の役員会メンバーに戻ると述べている。
最後に、11月11日、Yahooのユーザーインターフェースフレームワーク「YUI 3.0」をトップページに使用する事が発表された。
軽量化されたYUIのJavaScriptライブラリー「YUI 3.0」を使用したページは、ランダムに選ばれたユーザーにテストを実施する。

Labels:

Google December 2008 Summary

2008年11月の動向は、新たなサービスの投入などが目立つ月だった。
まず、iPhone用無料アプリ「Google Mobile App」を発表した。
このアプリは音声認識で、検索を実行することを可能するものだ。
また位置情報と絡めた検索も可能で、例えばレストランを検索した場合、ユーザーの所在地に近いレストランを検索結果に表示する。現在は検索可能な  音声は北米の英語アクセントのみに対応している。
ただこのアプリを制作するにあたり、Appleがサードパーティーの使用を禁止しているAPIを利用し作成されている事が判明している。

また、検索結果をカスタマイズできる機能「SearchWiki」を公開した。
これは、Googleアカウントを持つユーザーが自身が検索した結果の順位の上下や不要な検索結果の削除の他、メモ機能も実装されている。カスタマイズした検索結果はユーザーがGoogleアカウントにログイン時の検索で表示されるが、他のユーザーの検索結果には反映されない。
ただメモなどはGoogleアカウントにログインしたユーザーであれば閲覧する事が可能である。

あと、検索クエリの統計からインフルエンザの流行を予測するサイト「Google Flu Trends」を公開した。
ただ検索クエリには個人を特定する情報が含まれないとしているが、米プライバシー保護団体EPICは
アルゴリズムの公開を要請している。

他の話題では、自身が開発をするめるWebブラウザー「Chrome」をパソコンへのプリインストールを行う契約の取得を目指していると発表された。
これは、Chromeの世界シェアが0.5%に過ぎずInternet ExplorerやFireFoxのシェアに大きく溝をあけられており、シェアの増加を狙ってのものだ。

他に2008年7月にβ版を公開した3D仮想空間「Lively」を12月末で閉鎖すると発表した。
Googleの方針の変更やユーザー数が伸び悩んでいた事が原因だったようだ。

最後に、Yahoo!との検索広告についての提携から撤退したと発表した。
米司法省がかねてより独占禁止法に抵触するとして調査をしており、MicrosoftがYahoo!買収の意思は無いとしながらも提携を阻止する為に、大手広告主の反対意見の取りまとめや、司法省へ証拠の提出を行っていた。

Labels:

販売元:米国法人トレジャーネット株式会社(Treasure Net, Inc.)日本支店
Copyright (c) 2007 Treasure Net, Inc. All Rights Reserved.